話し方講座を7ヵ月続けてみての感想

サイトマップ
ユーキャンの話し方講座の評価感想
 

話し方講座を7ヵ月続けてみての感想

話し方講座を7ヵ月間続けてみての感想を書きたいと思います。なぜこんなに続けているのかと言えば明確な理由はありませんが、続けなければならないと感じているから毎日やっているという感じです。

 

プログラムは3ヵ月で修了すが

F1000156.JPGそもそもこの講座は3ヵ月で修了できるようにプログラムが組まれています。ですから、普通の人は3ヵ月程度で修了させているのかもしれません。もし復習もしないでストレートにやれば1ヵ月半で終わるはずです。

 

添削課題をやってもストレートにやれば1ヵ月半で終わらせることも不可能ではないでしょう。しかし、早くやれば良いというわけではありません。最終的には話し方を上達させなければ意味がないはずです。

 

わたしも最初の1回目は2ヵ月で終了させたと思います。1回目とはプログラムの最初から最後の添削課題までの全部の課程のことです。1回目をやってみれば何となく全体の内容は把握できます。

 

そして、最後の添削課題を提出すれば念願の修了証明書(有料)をもらうことができます。わたしの最初の目標はとにかく全部1回やってみることだったので、それについては2ヵ月間で達成できたのだと思います。

 

なぜ7ヵ月も続けているのか

しかし、修了しただけで意味があるとは思わなかったので、7ヵ月も続けているのです。続けていると言ってもダラダラとやっている訳ではありません。しっかりと目的をもっているから続いているのです。

 

逆に言えば7ヵ月続けているが、まだその目標は達成できていないともいえます。目標があるかないかは人それぞれかもしれません。でも、続けるためには目標がとても大事だと感じています。

 

話し方講座を続けること自体が目標ではないです。続けるということはあくまでも課程なのかもしれません。また、長く続けていればさすがに講座の内容もよく理解できます。理解できるということは、いざという時に話し方講座の内容が役に立つということです。

 

結局、話し方講座を続けても役に立たなければ意味はないですが、長く続けていればケースによっては役に立つ場面もあるということです。この役に立つ場面というのはとても重要なポイントです。

   
ユーキャンの話し方講座が届きました!
話し方講座の学習プログラム構成
DVDの内容について
話し方講座の価格について
「学びオンライン」特別コンテンツサイト
話し方CD10枚の内容
テキストブックの内容
添削課題の内容
サポート(質問)について
修了証書について
話し方講座ガイドブックについて
スケジュールについて
教材付属品の一覧