添削課題の内容

サイトマップ
ユーキャンの話し方講座の評価感想
 

添削課題の内容

添削課題について説明したいと思います。添削課題とは、話し方講座を進める途中にやる課題で、ユーキャンに郵送して先生に評価してもらうことができます。先生からいろいろと指摘を受けるのでそれを参考にしながら学習します。

 

添削課題で先生から評価してもらう

添削課題は先生に評価してもらう課題ですから、いい加減にやることはできません。自然に気合いが入ってしまうでしょう。そして先生にチェックされるとなると多少は緊張してしまうものです。


話し方講座には添削課題の他にもいろいろな課題はありますが、それらは自分で考えて適当にやる課題です。やった内容が良かったのか悪かったのかは自己評価するしかありません。誰かから指摘を受けることがないのでどうも曖昧になってしまいます。


ですから、添削課題は指摘を受けるという意味では非常に意味のあることだと思います。実際に指摘された部分は自分でも納得できると思います。そのような指摘を受けることで悪かった部分を見直すことができるのです。

 

添削課題は全部で3回ある

添削課題は全部で3回あります。第1回はアンケートを送ることなので添削課題ではありません。講座の内容についてのアンケートを書いてそれを郵送するのです。簡単なアンケートなので何も考えずに素直に答えるだけで大丈夫です。


F1000162.JPG第2回添削課題(筆記課題):自己紹介またはスピーチの原稿を書いて郵送する課題です。今までに学習したことを思い出して原稿を書けばよいので比較的簡単です。既に自己紹介もスピーチの書き方も学習していますので、それらのおさらいになります。送った原稿は先生から問題点を指摘されて返ってきますので、指摘された部分を見直して修正すれば完成です。


第3回添削課題(音声課題):第2回で提出した原稿が戻って来たら悪い部分がいろいろと指摘されています。それらを修正してから実際に読み上げて提出する課題です。音声はカセットテープか電話に吹き込んで送ります。ここでは実際に声に出して原稿を読むわけですからちょっと緊張するかもしれません。


第4回添削課題(音声課題):規定課題と自由課題があってどちらかを選択します。規定課題では「銀河鉄道の夜」の一部を読み上げます。自由課題では適当なスピーチを成作して読み上げます。これが最後の添削課題ですが今まで学習したことを思い出せば容易にできるでしょう。


F1000154.JPG第3回と第4回の解答はCD-Rに収録されて郵送されます。このCD-Rを聞いてどのような問題があったのかを理解することになります。時には厳しい指摘もありますが、それも話し方の練習だと思って見直していくことが必要かも知れません。

   
ユーキャンの話し方講座が届きました!
話し方講座を7ヵ月続けてみての感想
話し方講座の学習プログラム構成
DVDの内容について
話し方講座の価格について
「学びオンライン」特別コンテンツサイト
話し方CD10枚の内容
テキストブックの内容
サポート(質問)について
修了証書について
話し方講座ガイドブックについて
スケジュールについて
教材付属品の一覧