全体を通しての個人的感想

サイトマップ
ユーキャンの話し方講座の評価感想
 

全体を通しての個人的感想

話し方講座について個人的な感想を書きたいと思います。この話し方講座を始めて7ヵ月くらいになりますが、正直こんなに長く続けられるとは思っていませんでした。購入した当初はとにかく学習内容を全部1回やってみるのを目標にしてやっていました。

 

届いたときの感想


photo05.jpg講座が届いたときには少し不安でした。何しろどのような内容なのかわからない状態で、続けられる内容なのかもわからない状態で始めたので不安だったと思います。講座の進め方もよくわからない状態でしたが、進めていくうちに理解できていった感じです。


全体としてはとても良くできた講座だと思います。わたしがユーキャンを選んだ理由は、テレビのCMもよく流している有名な会社なので講座の内容も充実しているだろうと思ったからです。


話し方講座もいろいろな会社から発売されていますが、やはり内容が充実していかが問題だと思います。それは購入してみないと何とも言えないことです。ですから安心感のあるユーキャンを選んだのだと思います。


話し方講座はCDが10枚付いているのですが、さすがにこれだけのボリュームがあると学習内容も濃いです。スピーチの仕方からコミュニケーションの仕方まで、幅広い話し方が収録されているので、どのような場面でも対応できる内容だと思います。

 

凝っていると感じられる部分


講座の内容も金をかけて作っているなと感じられる部分もあります。CDの中に「笑顔体操」という歌が収録されているのですが、歌に合わせて笑顔体操をやって笑顔を作るというトレーニングです。


こんな部分に金かけて制作しているなと思いました。ユーキャンの話し方講座もかなり昔から販売されているようなので、講座の内容も改善していっているのかもしれません。


昔の話し方講座はテープ10巻セットだったみたいですが、その講座と今の講座内容は違うみたいです。テープだった時代があるってことは20年くらい前から発売されているのでしょうか。その辺りは興味深いところです。

 

「江川ひろしの話し方講座」との比較


ちなみに過去に他の会社の話し方講座も購入したことがあります。「江川ひろしの話し方講座」というものです。当時で6万円くらいした高価な講座でした。話し方のテープ10巻が付属している講座ですが、テープ3巻くらい聴いて後は聴かなくなってしまいました。今考えるともったいないことをしたと思います。無駄でもいいから全巻聴けばよかったと思います。


「江川ひろしの話し方講座」は今でもCDで販売されているようです。書籍もたくさん出版していて、話し方教室もあって有名な話し方の先生なのですが、既に故人となっています。


2つを比べてみるとユーキャンの話し方講座の方が基礎から教えているのでわかりやすいのではと思います。「江川ひろしの話し方講座」は、話し方も教えているのですが、よい物の考え方やとらえ方を強く説明されている感じがしました。

   
「話し方教室」と「話し方講座」の比較
復習の仕方について
続けるコツについて
購入に迷っている方へ
話し方講座と書籍(本)の違い
工夫が必要なこと
モチベーションについて
実践について
狭く深く学習する
学習時間を決める
聞き上手になるには
CD再生の機器について
話し方を体得するには
価格の考え方
どんな人に向いている内容か
挫折するケースについて