挫折するケースについて

サイトマップ
ユーキャンの話し方講座の評価感想
 

挫折するケースについて

話し方講座を挫折してしまう原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。挫折というのは語弊があるかもしれませんが、購入したけれど続かなくなってしまうとことは多いと思います。


続かなくなってしまうというのは、やること自体を忘れてしまう場合もあるでしょう。ここではいくつかの原因を書き出してみます。


【主な原因】
1.やること自体を忘れてしまった。
2.他の事に意識が向いてしまった。
3.やることに意味を感じなかった。
4.やることに苦痛を感じるようになった。
5.やる暇がなかった。


【やること自体を忘れてしまった】
日々の生活の中で話し方講座をやることをすっかりと忘れてしまう場合もあるでしょう。やろうと思う気持ちはあるのですが、ついつい忘れてしまうケースです。そもそも必要性を感じていないのかもしれません。


【他の事に意識が向いてしまった】
色々と勉強している人は他の勉強に意識が向いてしまう場合もあるでしょう。そのようなときに話し方講座をやる意識は薄れてしまいます。結果的にやらなくなってしまうこともあるでしょう。


【やることに意味を感じなかった】
やるという気持ちはあるのですが、やっても意味がなかった。または意味を感じなかったのでやらなくなる場合があります。本人が意味はないと思っているのですからやっても意味がないです。


【やることに苦痛を感じるようになった】 
話し方講座を学習することに苦痛を感じる場合は、続かない場合もあるでしょう。学習というのは決して楽ではありませんので、本人が苦痛を感じていては続かない可能性が高いでしょう。


【やる暇がなかった】
日々の生活の中でやる暇がないというのは結構あると思います。仕事で夜遅くに帰ってきてから学習するというのは時間的に難しい場合もあるでしょう。ある程度の時間の余裕がなければ学習するのは難しいでしょう。

 

意味がないと思ったら続かない

わたしの場合は、これ以上続けても意味がないと感じたとすれば続けられないと思います。やることに意味があると思っているので続いていますが、これ以上やっても意味がないと思った瞬間に続けるのが苦痛になると思います。


ですから、人それぞれだと思いますが、今やることに意味があると思って始めて学習に集中できるのだと思います。意味があるから一生懸命に学習して話し方を身につけたいと思うのです。


これ以上は意味がないと思ったならば、続ける事は難しいと自分で思います。そう思うまでは続けると思いますが、いつまで続けるのかは自分でもわかりません。続けられる所までは頑張ってやるつもりです。

   
「話し方教室」と「話し方講座」の比較
復習の仕方について
続けるコツについて
購入に迷っている方へ
全体を通しての個人的感想
話し方講座と書籍(本)の違い
工夫が必要なこと
モチベーションについて
実践について
狭く深く学習する
学習時間を決める
聞き上手になるには
CD再生の機器について
話し方を体得するには
価格の考え方
どんな人に向いている内容か